管理会社の仕組み

【例】マンション管理

○管理の仕組み

マンションは購入者たち全員が共有する建物です。快適な生活を送るために敷地内の環境の管理、建物自体の管理、給排水等設備などの管理を行う必要があります。マンション管理とは、管理計画をたて、管理にかかる必要な期間や費用の管理をすることをいいます。マンション全体を管理するために、管理組合を作ります。一戸ずつ区分所有をしている所有者全員が管理組合員となります。
管理組合は、管理組合費(もしくは管理費等)を集めて運営されます。組合員の中から理事を選出して理事会を構成します。また、区分所有法に基づいて作成された管理規約に則り運営され、マンション管理を行います。

○管理組合員とは

マンション購入によって区分所有者となった人は、同時に管理組合員になります。管理組合員はあくまでも区分所有者であり、区分所有者から借りて賃貸で住んでいる人は管理組合員ではありません。管理組合員は、マンション管理が円滑に進むように管理組合の決定と判断に従い、協力する義務があります。

○管理組合と管理会社

管理組合に属する組合員は、マンションを購入した区分所有者ということは共通していますが、仕事や家族構成などの生活スタイルの違いがあり、全員が管理組合の業務に携わることは困難です。そのため、本来、管理組合が行うべき業務を第三者である管理会社に委託することが一般的となっています。
管理会社は、清掃、点検、修繕などの管理だけでなく、家賃及び管理費の徴収などリスクマネジメントや会計業務、入居者に対する緊急対応を行います。

今すぐ専門家を探す

建物管理に強い専門家をPICK UP!!

建物管理に強い専門家を「建物管理検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード