○ガラス

掃除のタイミングとしては、雨や曇りの日の翌日で晴れた日が、湿気があり汚れが落ちやすく適しています。窓ガラスはぬるま湯で濡らしてから新聞紙で磨くと、新聞紙のインクの原料となる油分がガラスの表面の皮膜となり、綺麗に仕上がります。また、雑巾を洗う手間も省けます。落ちにくい汚れは、透明のガラスはクレンザーをつけてこするか、ベンジンで拭き取りましょう。すりガラスはクレンザーでは表面が削れて素通しになってしまうため、シンナーで拭き取ります。

○アルミサッシ

クレンザーなどの使用は避け、中性洗剤でていねいに拭き、十分に水拭きするのがコツです。汚れが落ちにくい場合は、ベンジンなどを歯ブラシにつけて汚れを取ります。さらに、自動車用のワックスなどを活用すると、より綺麗に仕上がり、サッシの表面に皮膜ができて汚れが付きにくく、汚れが付いた際も落としやすくなる効果があります。

○網戸

可動式の網戸は障子戸を外す要領で外れます。掃除をするときは、広い平らな場所で行い、網戸を横にして、ブラシなどで水洗いするとよく落ちます。

今すぐ専門家を探す

建物管理に強い専門家をPICK UP!!

建物管理に強い専門家を「建物管理検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード