賃貸経営の魅力

○家賃収入でローン返済

住宅ローンで不動産を購入した場合、安定した家賃収入を見越して、計画的に住宅ローンの返済に回すことも可能です。

○年金に代わる収入源

入居者より定期的に一定の家賃が入りますので、安定した収入源となります。そのため、老後における賃貸経営は、国からの年金だけでなく私的年金として期待できます。

○節税効果

固定資産税

賃貸不動産として建てた場合、固定資産税が遊休地・駐車場などの非住宅土地と比較して6分の1に軽減されます。

所得税

会社員の方が賃貸経営していて、その収支がマイナスの場合に給与所得から控除することができます。賃貸収入の確定申告の際に、管理費、修繕費、火災保険料、減価償却、建物部分の借入金利等を必要経費とし て、収入から控除することができます。
実際は収入になっていても、諸経費を控除して経理上マイナスの収支になることもあるため、所得税の還付を受けることができます。

相続税

不動産の相続税は、建物の場合、固定資産税評価額が基準となり、取得の50%程度になります。さらに賃貸物件の場合は借家権の30%が控除されるため、節税対策として効果があります。

節税対策については
「節税対策専門ガイド(http://setsuzei-senmon.com/)も併せてご覧下さい。

インフレ対策

インフレの時には、土地・建物の価値や物価が上昇し、固定資産税が上がるのと同じように、賃貸経営では家賃の値上げすることが一般的であるため、インフレ対策にもなります。

生命保険の加入

賃貸経営をする際に、住宅ローンを利用して物件を購入した場合、団体信用生命保険という銀行指定の保険へ加入されます。ローン返済前に不慮の病気や事故にあった場合でも、ローンの返済は保険によって行われます。そのため、ローンの返済が終わった後には、その賃貸物件は残された家族への財産として残りますので、引き続き安定した収入を得ることができます。

一見、賃貸管理は家賃回収やクレーム対応など大変というイメージがありますが、賃貸管理自体は管理費を支払うことで、専門の管理会社に委託することができます

アパート・マンション経営、土地の有効活用については、
土地有効活用相談ネット(http://tochikatsuyou-soudan.net/)」も併せてご覧下さい。

今すぐ専門家を探す

建物管理に強い専門家をPICK UP!!

建物管理に強い専門家を「建物管理検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード