賃貸管理を依頼するメリット

賃貸物件を所有し、家賃収入を得るのは魅力のあることですが、住民からの家賃の徴収や、建物や共有部分の補修など、ノウハウがないとできないことも多いため、規模の大きい物件の場合は賃貸管理会社に依頼することがほとんどです。

○入居者からのクレーム対応

入居者からのクレームを管理会社が対応することが、管理会社に依頼する最大のメリットと言えます。管理会社と契約をすると、オーナーと入居者との接点はなくなります。入居者の不満やクレームがあった際、管理会社が対処や業者の手配を行います。また、何か対応する場合も事前に報告と業者の見積もりなどがあるため、オーナーは最終的な判断を下すだけです。

○家賃滞納

家賃の滞納者への催促は、非常にデリケートな問題で、賃貸管理では重要な課題です。 しかし、管理会社に委託することで負担が軽減されます。最近では、家賃の滞納が発生しても、オーナーへの毎月の家賃収入は変動しない家賃保証システムを導入している管理会社もあります。

○アフターケア

入居者が引っ越した後、備品の故障や修理、交換などといった修繕やリフォームは管理会社が請け負います。管理会社は、提携しているリフォーム会社へ修繕作業を手配します。オーナーの仕事としては、現場の確認、作業にかかる費用が適正であるかの判断や作業実施の最終決定のみとなります。
また、引っ越し後に部屋が空室になり、家賃収入などが下がる恐れがありますが、新たな入居者募集の広告や宣伝などの業務も管理会社が引き受けます。

今すぐ専門家を探す

建物管理に強い専門家をPICK UP!!

建物管理に強い専門家を「建物管理検索ナビ」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

空き家活用.net 空き家・空き地・空室問題 解決サイト! 防犯・カギの事なら.net はじめての顧問税理士 はんこ Q&A QRコード